雨の日や湿気が多い夏の日に『あれ?なんか体調が悪いなぁ・・』

と思うことはないでしょうか?

特に日本は高温多湿で6月の梅雨入りから始まり、夏場も湿気が多い日が続くので、毎年『体調不良』になる方すれば地獄のような日々ですよね。

 

これにはちゃんとした原因があって、予防対策や治し方もあります。

私も梅雨の時期や湿気の多い雨の日に体調不良になるので、その辛さが分かります。

 

今回は湿気の多い梅雨の時期に起こる体調不良の症状(頭痛・むくみ・下痢・肌荒れニキビ)の原因と予防対策、そして私自身が実践した治し方をご紹介しようと思います!

短く簡潔にしているので、お時間がある時にささっとチェックしてみて下さいね☆

Sponsored Links


梅雨時期の体調不良の原因

多くの方が湿気の多い雨の日や梅雨の時期に体調不良になる原因は一体なんなのでしょうか?

 

それは湿気が多いと、体内の水分が外へ出にくくなり。溜まりやすくなってしまうからなんです。

>>>するとどうなるか?

 

体内の水分が発散されない⇒体内に溜まっていく⇒喉が渇く⇒水分補給⇒・・・

という悪循環に陥ってしまい、体内に過剰な水分を抱えてしまうことになります。

 

結果、症状として下痢や冷え性、むくみ、頭痛や肌荒れ・ニキビの原因となってしまうのです。

 

属にこれを水分代謝障害(水毒)と言ったりします。

私は梅雨の時期になると常にお腹がぐるぐる〜っと完全に冷えきっているような音を出してましたし、頭痛や肌荒れもしょっちゅうでした。

そんな私の悩みを改善したある方法とは・・・

 

水毒は治るの?

 

はっきり申し上げます。

上に書いた湿気の多い時期に起こる体調不良は治ります!
今では私も克服しております!!!!

 

では早速、私が実践した治し方と予防対策をご紹介します。

『梅雨』『湿気』『体調不良』という悪御三家を一緒に吹き飛ばしましょう!!

 

<ポイント①:過剰な水分を取らない!!>

 

この梅雨の体調不良のもともとの原因が過剰な水分の摂取が主です。

なので必要以上の水分を摂取してしまうと、体調不良になりやすい体を作ってしまいます。

また水分を摂取する時はなるべくジュースかカフェイン飲料は控え、お茶や水にしましょう!

 

<ポイント②:水分を発散しやすい体作り!!>

 

次に体内に水分が溜まり易くなっているので、それを外へ出さないといけません。

効果的な対策としては、なるべく運動して汗をかくこと。

普段そんな時間が無いという方は、自転車でいくところを少し歩いてみたり、帰ってから半身浴して汗を出す事がおすすめですね!

 

一番お手軽な予防対策としてはやはり毎日の『半身浴』ですね!

ただするだけでかなり発汗作用があるのでおすすめですし、私も半身浴を主に実践しました。

 

<ポイント③:漢方薬がおすすめ!!>

 

上の2つを実践していき、最後にアフターケアということで漢方薬ですね!

あまり漢方薬を使った事がない方がほとんどだと思いますが、漢方薬を侮ってはいけません(笑)
これ!めっちゃ効きますから!!

 

私のような体調不良の方(下痢・頭痛・肌荒れニキビ・なんかお腹がいつもぐるぐる鳴っている)には子の」漢方薬がおすすめ!!

20150421140025
「ごれいさん」という漢方薬で、頭痛やむくみに最適、胃腸の改善もしてくれることから、下痢対策にも効きます!

錠剤で、匂いやキツい味もしないので飲み易くておすすめですよ!

また漢方専門店に行く必要もなく、街のドラッグストアで売っているのでお買い求め易い対策薬です!

 

漢方なので、すぐに効き目はないですが、飲み続けれれば体調不良も改善されます。

私の場合は半年くらい使用して、8割くらいは治りましたね!

 

半年くらいと言ってますが、3ヶ月くらいで効果が十分出ますし、私の場合は念のため使用し続けたって感じです。

 

まとめ

 

今回は梅雨や雨の日の湿気による体調不良の予防対策と治し方についてご紹介しました!

経験上、梅雨の時期になると本当に億劫でしたし、「湿気なんてこの世からなくなれ!」

なんて思ったくらいです。笑

体調不良でしかも湿気でじめじめしてたら元気もなくなりますし、生活が嫌になります。

私と同じように悩んでいる方のお役立てになれれば幸いです!!