2015年春のドラマの中で個人的に一番興味深いと思ったのが

『アルジャーノンに花束を』

です。

 

この作品はダニエル・キイスによる世界的ベストセラーであり、世界各国で映画化や舞台化されてきた名作中の名作といえます。

日本でも2002年にユースケ・サンタマリアさん主演で連ドラ化されています。

 

今回は2002年のストーリー設定も異なり、山下智久さん主演で生まれ変わったことでドラマ放送前から話題になっていました。

 

そこで今回は2002年のユースケ・サンタマリア版と2015年の山下智久さん版との違いやこの『アルジャーノンに花束を』という作品で最も感動されるという 『最後の一文』の意味の考察からの最終回予想やネタバレをしていきたいと思います!!

Sponsored Links


前作と今回の大きな違いは?

 

2002年のユースケさん主演の『アルジャーノンに花束を』と今回の山下智久さん主演のとでは大きく何が違いのでしょうか?(若干ネタバレが入ります)

 

>>>2002年版は原作を参考にしてた?

2002年のユースケさん主演の『アルジャーノンに花束を』で主人公のハルはパン屋で働く少年という設定です。

同じく原作のチャーリーもパン屋で働いていることから、2002年版は原作を参考にした設定ということが分かります。

 

しかし今回山下智久さん主演の2015年版はパン屋ではなく、花屋

2002年は職場のオーナーはいなく、ハルの母親がその役割を担っています。

 

原作、2002年、2015年のあらすじなどを見ている限り、以下の点は共通すると思われます。(ネタバレになります)

 

 

・手術により知能指数が上がる

・知能レベルがピークを迎え、手術前よりもIQが下がる

・アルジャーノンとの別れ

この設定は『アルジャーノンの花束を』では無くせない内容なので、この話の流れがあるのは確実でしょう。

 

問題はその後のエンディングですね。

 

原作⇒原作の最終回では家族に会おうとするも、母親から包丁を突きつけられてしまい結局、主人公は孤独に生きて行く事になるという悲しいエンディングを迎えます。

 

2002年(ユースケ版)⇒原作の最終回とは違い、知能指数が上がったあとも以前から働いていたパン屋で幸せに働くというハッピーエンディングになっています。

 

ここでも原作と2002年で大きな違いが出ていますよね?

このように全ての作品で設定が異なるので大きなネタバレがないというはいいですよね!

ある程度流れは一緒ですが、主人公の名前や仕事、環境は全く違うのでどの『アルジャーノンに花束を』見てもおもしろいのがこの作品のいいところですね。

 

今回2015年版の最終回は?

 

それでは2015年の最終回はどうなるのでしょうか?

原作と2002年が違っていたため、今回2015年の最終回も予想以上のエンディングが待っていると考えられます。

 

<2015年版の最終回予想>

 

現時点で考察するに山下智久さん演じる咲人の母親は、息子がお利口になってくれることをずっと望んでいますよね。

母親自身もあらゆる手段(手術?カウンセリング?)を使って咲人の知能指数を上げようとしていました。

しかしそれが不可能と分かると咲人を捨て、自分の子供ではないと思うようになっていきました。

 

一方、咲人は一途にお利口になって母親に認められることを望んでいました。

 

↓↓↓ここから最終回エンディング考察↓↓↓ 

 

手術を受け知能指数が上がった咲人は母親を訪れ、自分は変わったことを知らせにいきます。

母も今まで見た事がない咲人を見て、信じられない思いになり、共に暮らすことを望みます。

咲人にとっても久しぶりの母親との生活、そして自分の頭が良くなったことで母親が優しくしてくれる満足感に浸ります。

 

しかし幸せはつかの間。知能指数がピークを迎えるとそこから急落していき、母親もやがて元に戻る咲人を目の当たりにし、また追い出してしまいます。

手術前より、知能が下がった咲人は待ちをさまよいます。

 

そこに柳川と檜山が現れ、ドリームフラワーサービスに引き戻し、そこで以前のようにまた職場のみんなと働くのではないでしょうか。

また知能指数が上がり、より人間性を身につけた咲人は以前よりも人を思いやることができるようになり、知能指数は下がったものの誰一人として咲人をバカにする人はおらず、『一同僚』そして『友達』として暮らしていくというハッピーエンディングを期待します。

 

最後の一文も意味とは?

 

皆さんはアルジャーノンに花束をの最後の一文をご存知でしょうか?

実はこの最後の一文が最も感動すると言われています。

 

最後の一文というのは、原作で主人公が知能を失いかけている状態でき気力を振り絞って以下のことを言います。

 

「どーかついでにあったらうわ
にわのアルジャーノンのおはかに花束をそなえてください」

 

この意味は直訳なら、「アルジャーノンのお墓に花束をそえることも気にかけてやって」という意味で、アルジャーノンのことを最後まで思いやる主人公の気持ちが表れてる部分と言えます。

 

ですが、これにはこれには別の解釈があるがあるのです。

 

アルジャーノンは手術を受け、他のネズミより頭は良くなったものの、そのリスクは大きく、普通のネズミより早く天にめされることになってしまいます。

これは同じ手術を受けた主人公も同様・・・

 

つまり、主人公はもうすぐ自分もアルジャーノンのところへ行くであろうことを悟っており、自分のお墓に花束をそえるついでにアルジャーノンのお墓にも花束をそえてあげてほしいという意味なのではないかと思うのです。

 

そう考えるとこの最後の一文は深い意味を持っていると思うのです。

 

この『最後に一文』のシーンが今回の2015年のドラマで描かれるかは分かりませんが個人的には是非描いて欲しいシーンですね!