歌やダンスにと各メディアを彩り続け人気を落とさないアイドル軍団、ジャニーズ、一方で圧倒的なダンスパフォーマンスと歌で圧巻し続けるLDH(EXILE,E-girlsなどが所属)

K-POPに比べJ-POPはダンススキルよりも歌唱力、演奏力に重きを置いていますが、度々同じダンスヴォーカルグループとして比較対象とされてきたのが『ジャニーズグループ』『EXILEグループ』

両グループはどのように比較され、また違いはなんなのか!?

分析してみました!

Sponsored Links



 

両グループのダンスの違い

まず基本的な違いとしてあげられるのは

ジャニーズ:ジャズダンス

LDH:ヒップホッダンス

 

そもそも論として、基本としているダンスが違うのです(笑)

 

ジャニーズはそれぞれの動きを揃えて、一体感を演出し、カメラ目線やポーズなど黄色い声援を欲しいまましています。(サービス精神旺盛なのはいいことですが、たまにテレビでやりすぎているところも多々見かけますね。特にカメラ目線にキメ顔)

一方、EXILEが所属するLDH所属のアーティストは、各メンバーの個性が全面的に出ており、一体感というよりは個々の動きに重きを置いているためアシンメトリーになっています。

力強い男らしいイメージが多くのファンを魅了しているのも事実です。

 

結果まとめると・・・・

 

ジャニーズ:スキル重視ではなく、自分をアピールし尚かつファンを魅了するスタンス

 

LDH:ストリートダンス出身者が多く、スキルを極めたいというスタンスが   見え、自分達よりになっている点もある。

 

 

年齢には勝てない!?ダンススキルの衰え

どんなトップダンサーと言えど、年齢とともに体力は衰えますし、キレがなくなってくるのは当然のことです。

 

最近はEXILEよりも三代目 J Soul Brothersが人気を博しています。

EXILEのコンサートで、LDHのアーティストが何組か出演した際に三代目への歓声がすごかったようです。

とくに凄まじかったのが先日EXILEに入った岩田剛典さん

EXILEのコンサートとは思えないほどの黄色い声援だったそうです。世代交代といものは如実に表れていますね。

 

また年齢とともにダンススキルも衰えてきます。

 

EXILEのダンススキルはもちろん高いですが、三代目と比べるとやはり、EXILEの加齢化が進み、キレも一目瞭然です。

SMAPにしろあの程度の歌とダンスで未だに地位を確立しているわけですからすごいブランド力ですよね。

 

ジャニーズはダンスや歌がなくなってもドラマやバラエティと活躍の場がありますが、EXILEはダンス抜きでは語れませんから、その差もダンスへの執着心として表れているのでしょうね。

 

ジャニーズ、LDHダンススキルランキング

 

ジャニーズ

1.東山紀之(少年隊)

やはりダンスと言えばこの人!年齢を感じさせないダンスのキレは見事!

 

2.坂本昌行(V6)

グループ内で頭一つ抜き出たスキルの持ち主。ミュージカルで鍛えられたダンスはプロ、アマ問わずダンサーから喝采を浴びている

 

3.大野智(嵐)

嵐の中で圧倒的な歌唱力を持ちながら、グループ内でも最強のダンススキルを誇る。

 

4.亀梨和也(KAT-TUN)

独特の自己陶酔型ダンスで魅了する。ジャニーズ離れした繊細な体の動きとステップはさらなる高みへ!

 

5.塚田僚一(A.B.C-Z)

アクロバットを得意とした派手なダンスが特徴的。

ジャニーズダンスの概念を変える先駆者になれるか

 

 

LDH

1.NAOKI(EXILE、三代目 J Soul Brothers)

プロダンサーから『世界を変える』ともまで言われたダンスパフォーマンスを持つ。

これからのEXILEを牽引していくのは間違いない。

 

2.NAOTO(EXILE、三代目 J Soul Brothers)

バラエティ番組にも出演し、二つの顔を持つ彼だが、浜崎あゆみや後藤真希のバックダンサーで培ったスキルは圧巻

 

3.MATSU(EXILE)

バラエティ番組にも多く出演し、親しみやすい三枚目キャラが炸裂している一方で、パフォーマーとしては一流。

そのギャップがファンを引きつけている。

 

4.山本世界(EXILE)

EXILEに加入した新メンバー。加入前から注目を集めていた最強ルーキー。

次の世代は彼のダンスから生まれるのは間違いない。

 

5.白濱亜嵐(EXILE、GENERATIONS)

GENERATIONSリーダーでありながら、今期EXILEに加入。

順応性は随一で、EXILEの若きエース